ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

男たちの流儀 ~誰に何を学ぶか~

 

おはようございます。

 

医師の転職、開業の情報提供をしている

医師転職相談センターの運営企業、

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

少し古い本なのですが、

読んで良かったな~と

素直に思える本でしたので、

ご紹介をさせて頂きます。

 

「光文社 男たちの流儀 誰に何を学ぶか」

城山三郎佐高信

 

医師キャリア流儀

 

城山三郎さんにしても、佐高信さんにしても、

今さら語る必要のない有名人だと思います。

 

この本は2002年7月に初版が発行された

城山さんと佐高さんの対談集です。

 

両名が好きな方はもちろんの事、

ビジネスに悩みを持っている方、

リーダーとは何か?について悩みを持っている方、

仕事と人生のバランスに悩んでいる方などには

実に学びの多い本ではないかと思います。

 

もちろん男性だけでなく、

女性にも学べる所は多いと思います。

どうして男たちの…

とか付けてしまうんでしょうね~?

多くの方に読んで頂きたい本ですね。

 

ちなみに目次はこんな感じです。

 

第1章 日本人が失ったもの

(1) 日本をどう思うか

(2) 「財界の鞍馬天狗」・中山素平を語る

(3) 官僚の「志」と政治家の「顔」

 

第2章 現代を生きる指針

(1) あらまほしき姿を考える

(2) 政治家に求められる「愚直」と「蛮勇」

(3) 自然は旅人のためにある

(4) ビジネスマンの父から息子へ

(5) ビジネスマンの父より娘へ

(6) ビジネスマン、生涯の過し方

 

第3章 「上に立つ者」の資質

(1) 企業トップの器量とは何か

(2) 先人にみる「潔さ」の功罪

(3) 迷った時はまず行動せよ

 

第4章 時代を見つめる

(1) 「官」なんていらない

(2) ナポレオンの魔力

(3) 「人を育てる」には

 

いかがでしょうか?

もしかしたら城山さんや佐高さんが

あまり好きではない方も

いらっしゃるかもしれません。

 

私自身も、

お2人のある考え方やある発言に

眉をひそめる時が全くない訳では

ありませんが、

総じてこのお2人の根底にある考え方は

日本の為になるのではないかと考えております。

 

特に、城山三郎さんは大好きな作家さんであり、

多くの著書を読ませて頂いております。

 

まだ読んでいない本もありますが、

きっとこれからコツコツと

読ませて頂く事でしょう。

 

佐高さんは私から見てもかなり癖のある方ですし、

何となく攻撃性の強い方のように感じていますが、

でも書かれている事や考えている事には

いつも刺激を受けています。

 

「賢者は歴史に学び、

 愚者は自らの経験から学ぶ」

なんて言葉がありますが、

最近少し古いもの、

語り続けられているもの、

学び続けている人から

多くのものを吸収している気がします。

 

善し悪しはいろいろあるのかもしれませんが、

物事の本質はそこにあるような気がするのです。

 

「知識欲は

 金銭欲と同じく蓄積するほど募る」

 

この本に書かれていた言葉ですが、

本当にそうだなあと思います。

 

残念ながら金銭に関しては

あまりご縁がなさそうな私でありますが

知識に関しての欲求は元がお馬鹿さんだけに

相当強いものを持っております。

 

これからも日々勉強し、

少しでも誰かのお役に立てるように

精進してまいります。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師向け情報サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット㈱ 小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット㈱ 公式facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー