ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

決断力

 

おはようございます。

 

転職を検討している医師・看護師に

キャリアプランを提供している

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

「決断力」 

羽生善治 角川oneテーマ21

を読みました。

 

医師キャリア決断力

 

イチ時期話題になった本ですよね。

 

ちなみに出版社の紹介文は、

 

<史上初の七大タイトル独占を果たし、

 常に将棋界の第一人者として

 トップを走り続ける棋士羽生善治

 

 多くの天才が集う将棋界にあって、

 なお格の違いを見せつける

 彼の強さの根源『決断力』の極意を惜しみなく披露。

 

 いかなる心がけで勝負に望み、

 決断する上では

 何にポイントを置くかなど、

 直感力や決断力、集中力を養う上で

 大切なポイントをやさしく解説。

 

 「情報は『選ぶ』より『いかに捨てるか 』」

 

 「決断するときはごちゃごちゃ考えず、

  単純で簡単な方法を選ぶ」など、

  ビジネスや学習の場でも大いにヒントになる

  ノウハウが満載です。>

 

となっています。

 

この通り、内容は

かなりビジネスマンを意識した構成になっております。

 

「将棋」を通しての物事の考え方を羽生さんが語り、

ビジネスなどにも活かして欲しいと思って書かれたのでしょうか。

 

わりと読みやすいですが、

逆に私などは、

もっと将棋について突き詰めて書いて欲しいなあ…なんて

気持ちも持ってしまいました。

きっと理解はできないんでしょうけど…(笑)。

 

ちなみに目次は…

 

第1章 勝機は誰にもある

第2章 直感の7割は正しい

第3章 勝負に活かす「集中力」

第4章 「選ぶ」情報、「捨てる」情報

第5章 才能とは、継続できる情熱である

 

となっています。

 

最近の子供達って

将棋ってあまりやらないのでしょうか?

 

私が子供の頃は将棋が大好きで、

頻繁に父親にやろうやろうとお願いしてましたし、

弟ともよくやりました。

 

また部活とは違って

授業内にクラブ活動の時間というのがあって、

野球部所属の私はクラブの方で疲労する事は避けたかったので

将棋クラブに入っていました。

 

正直、あんまり強くはなかったですし、

相手が時間を掛けるタイプだと

もうイライラしてしまって

自分のペースを乱してしまうような感じでしたから、

羽生さんの書かれている事の

初歩の初歩ですら私は実行できなかったです。

 

ただ、将棋という勝負の世界から

学んだ事は多かったようにも感じています。

 

私レベルですらそうなのですから、

羽生さんレベルになると

人生論のようなものも確立されているでしょうし、

きっとご自分の人間性の一部は

将棋から学んで培った所もあるのでしょうね。

 

将棋でもスポーツでもそうですが、

やっぱり超一流になる事ができた人の

「考え方」からは学ぶ所が多いと思うんです。

 

若い人を見ていると、

せっかくの才能や可能性を

台無しにしてしまっている人が多いように感じます。

 

そこに足りないのは「考え方」であり、

すべからく成功者とはしっかりした

「考え方」を持っているような気がするんです。

 

それぐらいに「考え方」って重要だと思います。

 

その意味では、

将棋界始まって以来の七冠達成を実現し、

永世名人にまでなった羽生さんの考え方は

学ぶべきもののひとつだと思っていましたし、

いつか触れてみたいなと考えており、

この本を読み始めました。

 

非常に読みやすく、

わかりやすく書かれていますし、

将棋がわからない人でも

充分にエッセンスは取り入れる事が

できるのではないかと思います。

 

お奨め度 ★★★☆☆ と評価します。

 

 

生き方、考え方ってこれが正解だ!

なんて言えるものとは出会えないものだと思っています。

 

だからこそいろんな方の生き方、考え方から

永遠に学び続ける姿勢が重要なのではないでしょうか。

 

私なんぞは特に、

これという長所や特技がないだけに、

正しい生き方、考え方については

常に学んでいかねばと考えております。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師向け情報サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット㈱ 小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット㈱ 公式facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー