ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

ザック・ジャパンの流儀 日本代表 2014年ワールドカップへの道

 

おはようございます。

 

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ

転職コンサルタント歴13年の

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

「ザック・ジャパンの流儀

日本代表 2014年ワールドカップへの道」

矢内 由美子 学研新書 を読みました。

 

医師転職流儀

 

え~と、まずは目次からですが…

 

1章 遙かなる日本へ

2章 ザック・ジャパン誕生

3章 激闘・アジアカップ

4章 震災に揺れ、そして立ち上がる日本

 

となっています。

 

この本が出版されたのが、

2011年10月。

 

今ではもう懐かしい時代になってしまうのですが、

初陣であるアルゼンチン戦で勝利を収め、

アジアカップで優勝し、

韓国戦で3-0という圧倒的な力を見せて勝利した後…。

 

もうザッケローニ監督が

神様に見えた頃の事です。

 

よってこの本はザッケローニ監督に対して、

甘すぎるというか、

リスペクトし過ぎというか、

非常に賛美しております。

 

その後、ウズベキスタン北朝鮮に負けたりして、

W杯予選ではヨルダンに負け、

残念ながらコンフェデも惨敗した訳ですが、

そういった事の前に出た本ですから

まあ、致し方ないですな。

 

ただ、過去の日本代表監督を考えても

ザッケローニ監督は日本文化への理解や

良くも悪くもな日本人らしさに対して

上手く対応しているようには思います。

 

苦杯をなめる事もありますが、

これは勝負ごとですから当たり前。

誰が監督をしても同じでしょう。

 

その意味では、

ブラジルワールドカップまで

支え続けていきたいと思います。

 

ザッケローニ監督自身も、

私は半分日本人であるなんて言ってるみたいですし、

良いタッグが組めているのではないでしょうか。

 

特段目新しい事が書いている本ではありませんが、

リラックスして読むには最適ですし、

ザック・ジャパンの順調な足取りを

再確認するには良い本かと思います。

 

コンフェデで負けたせいで

ザック解任論が出たりもしていますね。

 

でも、この本に書かれている事も

また事実であります。

 

冷静さを取り戻すには

良い本かと思いますよ。

 

お奨め度は ★★★☆☆ と致します。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報サイト<IBIKEN> 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー