ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

「医療否定」は患者にとって幸せか

 

おはようございます。

 

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ

転職コンサルタント歴13年の

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

<「医療否定」は患者にとって幸せか>

村田幸生 祥伝社 を読みました。

 

医師転職医療否定

 

最近は医療を否定する本が売れていますね。

 

しかも医師自身がそれを書いており、

ん~どうなんだろうなあ?と

率直な疑問を持っています。

 

代表的なのは、

少し前にブログにも書きましたが、

近藤誠先生の

「医者に殺されない47の心得」ですね。

https://gnet-doctor.com/blog/archives/3608

 

今回読んだこの本は著者が、

<2000年代に入って言われ始めた

 「医療崩壊」は

 その後もまったく改善されないまま、

 世の中はついに「医療否定」ブームに

 突入してしまったかのようだ。

 

 しかしこの「高齢者には何もするな」

 「医療とかかわるな」

 「自然にまかせる」ことが、

 本当に患者さんの幸せにつながるのだろうか。

 

 現場の医師としては、

 それが机上の空論のように聞こえてしかたがないのだ。

 

 それに一歩間違えれば、寝たきり、

 病気の高齢者は、

 もう生きている意味がないという方向に流れそうな

 危うさを感じるのはわたしだけだろうか>

という疑問を持ったところから

スタートしています。

 

タイトルからは、

医療否定本に対する

カウンターパンチのようなイメージを持ちますが、

決してそれだけではありません。

 

一部は、医学的な見地から

反論や異論を唱えている部分もあります。

 

ただ、著者はそれを目的としているのではなく、

<ぜひ、もう1度冷静に、

 「高齢者が治療を受ける意味」

 「長生きする意味」

 「人間の長い人生の意味」について

 ゆっくり考えていただきたい>

と言っています。

 

医療否定本と真正面から戦うのではなく

本質を見つめ直そうという本です。

 

よって、非常に考えさせられる

テーマが多かったです。

 

きっと、医療否定に辟易としている医師や

怒りに近い感情を持っている医師は、

この本を読むと溜飲を下げ、

こちらの方が医療の奥深さを捉えていると

思われるのではないでしょうか?

 

そして、最もこの本を読んで頂きたいのは

医療否定本を読んで、感心し、

信じてしまっている、一般の方です。

 

医療否定本に書かれている事を

頭から否定するつもりは私にはありませんが、

できるならこの本を読んで、

その上で医療否定本に書かれている事を

実行に移すのかどうかを考えて頂きたいです。

 

きっとその価値はあると思います。

 

人間は流されやすいものですが、

冷静な判断力を持っていると思うのです。

 

その冷静な判断をする為には、

この本は大変役立つのではないかと思いました。

 

最後に目次をご紹介します。

 

第1章 なぜ、ここまで「医療」が嫌われるのか?

    -「老い」「病」「死」が想定できていない日本人

 

第2章 なぜ真逆の「医療常識」が、まかり通るのか?

    -長寿食、血圧、コレステロールに関する医者の見解

 

第3章 なぜ人は、病院で死ぬと怒るのか?

    -「理想の最期」と現実との大きすぎる乖離

 

第4章 「説明責任」と「同意書」が医療を壊す

    -医者と患者の関係は、いかにあるべきか

 

第5章 「抗がん剤」は本当に無意味なのか?

 

    -誤解される効果と目的、かみあわない議論

 

第6章 高齢者の胃瘻は本当に意味がないのか?

    -「平穏死礼賛」に対する六つの疑問

 

お奨め度は ★★★★★ と満点と致します。

 

できる事なら、

この本も冒頭にご紹介した本と同じくらいに

売れてほしいなと思いました。

 

そういうバランス感覚が

良い医療を受ける為には必要ではないかと

思うのです。

 

わかりやすくてとても良い本ですよ。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報サイト<IBIKEN> 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー