ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

ボクらの蹴活 夢をかなえた19人の少年時代

 

おはようございます。

 

医師の転職、開業の情報提供をしている

医師転職相談センターを運営する

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

「ボクらの蹴活

 夢をかなえた19人の少年時代」

GAKKEN SPORTS BOOKS を読みました。

 

医師キャリア就活

 

いや~、サッカー好きが

気軽に読むには

非常に良い本だったなあ…というのが

率直な感想です。

 

別に目新しい事が書かれている訳ではなく、

何かや誰かを特別に深堀りしている訳でもないので、

なかには薄っぺらい内容だと

感じる方もいらっしゃるのかもしれませんが、

私は純粋に読んでいて面白かったです。

 

と言うのも、

本書は現在では一流となっている

日本、海外のサッカー選手たちの

少年時代から今までを取り上げているんですね。

 

つまり、その中には挫折や

孤独、葛藤や努力、勝利や敗北、

それこそ血と汗と涙…というような

青春が書かれている訳です。

 

今では一流の選手だって、

常に一流でいれた訳ではないし、

たくさんの悩み、数多くの苦しみ、

それこそサッカーを

辞めてしまおうかなんて時もあった訳ですね。

 

それを乗り越えてこその一流…。

そりゃ面白いっす。

 

ちなみに本書に登場する選手たちは、

内田篤人

岡崎慎司

玉田圭司

中村憲剛

田中達也

・小川佳純

安田理大

前田遼一

小林大悟

石川直宏

・チョンテセ

中村俊輔

カンナバーロ

リケルメ

・ビジャ

・パト

・シルバ

リベリー

・ジェラード

となっています。

 

この中に、

ファンである選手がいるから

本書を読むというのはおススメしません。

 

なぜなら、1人1人の選手達に関する情報は

決して多くありませんから。

 

そうではなくて、

サッカーが好きで、

何となくサッカーの話題に触れたいとか、

リラックスして

日常から離れたいという時に

本書は向くと思います。

 

おススメ度は ★★★☆☆ と致します。

 

〇活という言葉が市民権を得て、

様々なところで使われていますが、

蹴活ってどうなの?という疑問は持ちました。

 

ですが、サッカー好きが読むには

面白い本だと思います。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報サイト<IBIKEN> 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー