ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

覚悟のすすめ

 

おはようございます。

 

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ

転職コンサルタント歴13年の

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

覚悟のすすめ」 

金本知憲 角川oneテーマ21 を読みました。

 

医師転職覚悟

 

「雑草はアスファルトの下からでも生えてくる。

 けれど、おまえは

 コンクリートで固めても出てくる奴だな。」

 

そう広島時代の三村監督に言われたそうです。

 

自分が野球をやっていた事もあって

プロ野球の球団では

特に好きなチームがない私ですが、

実は昔の広島カープは好きだったんです。

 

高橋慶彦、正田、山崎、山本浩二、衣笠という

豪華メンバー。

投手では北別府、川口、大野。

 

まあマイナー球団と言ってしまえばそれまでですが、

この頃のカープは強かったし、

非常に良い野球をしていた気が

今でもしています。

 

そして金本選手ですが、

そんな私から見るとカープを裏切った男…。

 

どうしてもそう見てしまうんです。

まあそれは良いとして、

阪神に行ってからも連続フルイニング出場を続け、

成績も上がり、優勝もし、給料も上がってますから、

やっぱり良い移籍だったと言うべきなのでしょうね。

 

前置きが長くなりましたが、

この本も学ぶべき点が結構多かったです。

 

特に私がいいなと思ったのは…

「これまでしてきた努力は

 これまでの成果として現れたのであって、

 これからの成果はこれからの努力によって

 築いていかなければならない。」

という言葉。

 

そうなんですよね~。

満足して、

歩みを止めた時から

転落してしまうのですよね。

 

努力は永遠。

ん~、染み込みます。

 

それともうひとつ…

「思うに、

 不平や不満がどうして生じるかといえば、

 自分自身に対する評価と、

 他人の自分への評価にギャップがあるからだろう。

 だが、野村克也さんは

 <他人の下した評価が正しい>と語っている。

 私も同感だ。

 自分の評価は自分でするべきではない。

 人間は決して強くないから、

 どうしても自分に対する評価は甘くなる。

 とすれば、やはり他人が下した評価が正しい。

 そもそもプロ野球選手は、

 他人である監督に使ってもらわなければ

 どうすることもできない。

 不平不満を口に出しても状況は

 何も変わらない。」

 

ん~、評価の問題は

ビジネスマンでも

医療者でも常にありますよね。

 

自分は評価されていない。

自分の価値はもっと高いはずだ。

 

おっしゃる通り!というケースも

決して少なくはないと思うんです。

 

評価者が常に正しいなんてケースは稀ですし、

そんな人格者は多くはありません。

 

また組織によっては

人格者は途中で排除され、

社内政治力に長けている人間や、

上の顔色ばかり伺っている輩が出世して

評価者になっているケースもありますね。

 

ですが私は金本選手のように

考えた方が良いと思います。

 

その方が成長できると思うんですね。

 

不平不満よりも自分の成長。

きっとこういう考えの方が良い方向に

自分を導くのだと思います。

 

と、このようにやはり一流選手だけあって

含蓄のある言葉がちりばめられています。

 

きっと、読む人によって

心に響く部分は違うと思いますが、

必ずやどこかで

う~ん、と唸るような

ページがあるのではないかと思います。

 

最後に目次をご紹介します。

 

第1章 折れない心

第2章 努力する心

第3章 チームプレー

第4章 強靭な肉体

第5章 感謝の心

第6章 リーダーシップ

 

お奨め度は ★★★☆☆ と致します。

 

金本選手でも、

若かりし頃はいつ首になっても

おかしくなかったんですね。

 

やればできる。

頑張らないとな~。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報サイト<IBIKEN> 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー