ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

医学探偵の歴史事件簿 ファイル2

 

おはようございます。

 

医師の転職シーンでお役立ちする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

『医学探偵の歴史事件簿 ファイル2』

小長谷 正明 岩波新書 を読みました。

 

医師転職事件

 

医療を勉強していて、

歴史ものが大好きな私ですから

このタイトルに反応しない訳がありません。

 

ファイル2…となっていて、

ん、って事は1もあるんだよな?

どうしようかな~1から読もうかな、

でも目の前にあるこの本を買っちゃおうかな…と

迷いつつも、2から読んでしまいました(笑)。

 

著者は名古屋大学医学部を卒業し、

神経内科医として活躍。

 

現在は、

独立行政法人国立病院機構鈴鹿病院の病院長を

務めていらっしゃいます。

 

ご経歴を見ると、

かなり堅そうな内容かと不安になったのですが、

読み始めると…

これが面白くて面白くて。

 

文献や言い伝え、

遺物などを証拠として、

現代の医学的知識によって

アートフルに書いたのが

前著「医学探偵の歴史事件簿」で

本書はその続編。

 

正直、本当かなあ?と思う箇所もなくはないけど、

そこは歴史なので

必ずしも事実であるとは言えないし

むしろ著者の想像力や探究心に頭が下がります。

 

目次をご紹介しますと、

 

第Ⅰ部 歴史神経内科外来
第Ⅱ部 権力者たちのその時
第Ⅲ部 感染症今昔物語
第Ⅳ部 毒に中る
第Ⅴ部 あの人の病気は何だったか?

 

と、このようになっています。

 

何てったって取り上げる人物たちがスゴイ。

エスキリストから始まり、

中臣鎌足、女王メアリー一世、汪兆銘

ブレジネフ、ホーネッカー、芥川龍之介

ダーウィンアル・カポネ

スティーブ・マックイーンなどなど

錚々たるメンバーです。

 

この方々がどんな病気であったのか?を

推理する探偵として

ストーリーが進行するのですが、

その合間合間に、

スモン、狂牛病、ペストなど

社会が生んだ病気の歴史を織り交ぜながら、

実に興味深く話しは進むのでした。

 

おススメ度は ★★★★☆ と致します。

 

医師である著者が

私のような素人にも

わかりやすく書いてくれているのですが、

それでもやっぱり医学用語などは

難しく思ってしまう訳で

医療従事者である皆さんがお読みになったら

私以上に面白く感じるのではないかと思いました。

 

ただ医学書ではありません。

あくまでも仮定、推理を

楽しむ内容ですので、

歴史が好きな人の方が向くのではないかと思います。

 

いずれ1も読もうと思いますが、

その前に3が出るような予感もしています(笑)。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報提供IBIKENサイト 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー