ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

大人のいない国

 

おはようございます。

 

医師の転職、開業の情報提供をしている

医師転職相談センターの運営企業、

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

「大人のいない国」

鷲田清一内田樹 文春文庫 を読みました。

 

大人の医師のキャリア

 

少し前にある先生に教えてもらって

ハマりまくってしまった内田樹さん。

それ以降、読みまくっています。

 

本書で3冊め。

すでに読もうと思って

購入した著書も数冊ありますので、

また近い内にご紹介する事となると思います。

 

私が以前に読んだ本も気になる方は

下記をクリックしてご覧になって下さい。

 

呪いの時代

下流志向

 

さて本書ですが、

いわゆる大人論とでも申しましょうか、

現代社会の大人に対して論じております。

 

大阪大学の元総長、

現在は大谷大学の教授で

哲学、倫理学の第一人者である

鷲田清一氏との対談あり、

内田氏、鷲田氏独自のコラムありと

非常に楽しめる内容になっております。

 

誰もが通る道だとは思いますが、

大人って何だろう…とか、

自分は一人前の大人と言って良いのだろうか…とか、

そんな事を考えたりしますよね?

それに対する明快な回答を持っている方は

そう多くないと思うんです。

 

また現在の日本社会においての

社会学的な意味合いでの大人とは

いったいどんな存在なのか?

居酒屋でお酒を飲まないと

恥ずかしくて議論ができなかったりもします。

 

そういった大人論に対して、

非常に参考になる考え方、物の見方を

教えてくれるのが本書です。

 

大人になるというのは、

もういいも悪いもない訳で、

年を経れば勝手になってしまうし、

そう扱われてしまいます。

 

ですが、30歳になろうと、

40歳になろうと、

それこそ60代や70代になっても

大人になり切れていない人間もいますし、

昨今ではモンスター〇○のような輩は

圧倒的に60代男性が多いと言われておりますからね。

 

大人って何だろう?

自分は一人前の大人と言って良いのだろうか?

そんな疑問を持った事がある方は

必読の書と言えるかもしれません。

 

私自身、薄っぺらながらも

自分なりの大人論を持っていたつもりですが、

いかに稚拙だったか、

視野が狭かったかがよくわかりました。

 

日本が幼児化を始めたターニングポイント…。

 

その結果として、

日本社会にどんな悪影響があり、

健全な社会から

いかに遠ざかってしまったのか…。

 

私が良く言う収益を追い掛け過ぎる

企業経営者なんてのも

そのひとつなのかもしれません。

 

私は立派な大人です!

なんて言う人は

大人になり切れていないのでしょう。

 

でも立派な大人になる為に

日々努力を続け、

精進している方々は少なくなく、

そういった方に

是非お手に取って欲しい良書でございます。

 

最後に目次をご紹介します。

 

プロローグ 成熟と未熟

 

第1章 対談「大人学」のすすめ

第2章 大人の「愛国論」

第3章 「弱い者」に従う自由

第4章 呪いと言論

第5章 大人の作法

第6章 もっと矛盾と無秩序を

終章 対談 身体感覚と言葉

 

おススメ度は ★★★★★ と致します。

 

本書を読んで大人になって、

日本社会を叩き直してまいりましょう(笑)。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報提供IBIKENサイト 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー