ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

「やりがいのある仕事」という幻想

 

おはようございます。

 

医師の人生設計、キャリアプランニングを

オーダーメードで丁寧に一緒に考えていく

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

『「やりがいのある仕事」という幻想』

森 博嗣 朝日新書 を読みました。

 

医師やりがいのある仕事

 

このタイトルには

思わず惹きつけられました…。

 

仕事にやりがいがない…と悩んでいる人は

かなり多いですよね。

 

しかし著者と同じように

私はそもそも仕事自体に

やりがいなどは存在しないと考えています。

 

やりがいとは仕事にあるのではなく、

本人の考え方と行動によって

生まれたり消えたりするのだと思うんです。

 

例えばですが、

ちょっと失礼かもしれませんが

スーパーのレジ打ちという仕事自体には

大きなやりがいは存在しないと思います。

 

ですがここに創意工夫を加えたり、

お客さんへちょっとしたひと声を掛ける事によって

笑顔や感謝を頂く事はできますよね。

こういう人はやりがいを持つ事ができます。

 

でもただ流れ作業になってしまっていたり、

マニュアル通りやればいいんでしょ…なんて方には

実につまらない仕事になってしまう事でしょう。

 

どんな仕事だって、

本人の考え方と行動によって

やりがいは発生します。

 

…と私は考えていたのですが、

著者はそれは幻想だよとおっしゃる…。

 

あ、ちなみに著者の森博嗣氏の本は、

「すべてがFになる」というデビュー作を

随分前に読んだ事があります。

 

内容はほとんど覚えていませんが(笑)、

結構面白かったという記憶だけはあります。

 

さて、やりがいは幻想ねえ~、

そうかなあ?と思いつつ本書を読み始めました。

 

人は働く為に生きているのではない。

仕事ってそんなに大事なの?

仕事の偉大さや大変さはねつ造だ。

無理に働くことはない。

仕事で人間の価値が決まるのではない。

 

前半部分で著者はこのように主張します。

 

おいおい…、

若者に迎合して、

スリードして、

変な安心感や癒しを与えて、

生きる喜びを捨てさせて、

将来を潰しておきながら、

責任を取らない

私の嫌いなタイプの内容か…と思って

イライラしながら読んでおりました。

 

まして著者は大学の教官・研究者と

小説家としての職業経験しかない方。

 

何もわかってないんじゃないのか?

と訝しんでおりましたが、

そんな嫌な予感を吹き飛ばしてくれる

素晴らしい内容でした。

 

本書は著者なりの仕事論を書いています。

ホント、良くも悪くも自分なりの考えです。

それは著者自身もそう言っています。

 

そして著者が最も述べたかったのは、

 

なんとなく、意味もわからず、

「仕事にやりがいを見つける生き方は素晴らしい」

という言葉を多くの人たちが、

理想や精神だと勘違いしている。

 

それは、ほとんど

どこかの企業のコマーシャルの文句にすぎない。

 

そんな下らないものに

取り憑かれていることに気づき、

もっと崇高な精神を、

自分に対して掲げてほしい。

 

それは、

「人間の価値はそんなことで決まるのではない」という、

とても単純で常識的な原則である。

 

これだと思います。

 

だからと言って仕事などしなくて良いとか、

仕事に必死になるのはおかしいとか、

そんな事を述べたいのではなく…

 

検索できるものは、

過去に存在した情報だけだ。

知ることができるのも、

既に存在している知見だけだ。

しかし、自分の問題を解決する方法は、

自分で考え、模索し、

新たに編み出さなければならないものなのである。

 

つまり自分なりの仕事論を

自分で生きながら見つけるしかないでしょう!

と言っています。

 

若干冷たい感じはありますが、

おっしゃる通りだと思います。

 

時代の変化が早くなり、

上司や先輩の助言が

そのまま当て嵌まる事が少なくなってきました。

 

この人のようになりたいと

尊敬できる人は

存在しなくなってもいます。

 

少し前の成功事例が

あっという間に通用しなくなっている。

そういう時代なんだと思うんです。

 

だから著者は自分で、自分なりの

仕事論を見つけなきゃダメだよ…とおっしゃる。

 

本書を読んだからって

何か凄いノウハウや考え方が

手に入る事はありません。

 

いやむしろ本を読んで手に入るレベルの

ノウハウや考え方なんてもう通用しないのです。

 

私たち1人1人が、

オリジナリティ溢れる

自分に合った仕事論を

見つけないといけないのです。

 

そのヒントはあちこちにちりばめられています。

 

自分の仕事に対するスタンスを振り返るには、

さらにより良い仕事論を手に入れる為には、

非常に参考になる良書だと思います。

 

最後に目次をご紹介します。

 

第1章 仕事への大いなる勘違い

第2章 自分に合った仕事はどこにある?

第3章 これからの仕事

第4章 仕事の悩みや不安に答える

第5章 人生と仕事の関係

 

おススメ度は ★★★★☆ と致します。

 

きっと馬鹿にしながら本書を読んだら

何も学ぶところはありませんし、

自分を成長させる事なんてできないと思います。

 

しかし本書の所々にある

金言を探そうと思いながら読んだら

物凄いヒントが見つかりますし、

自分をランクアップさせる事ができるでしょう。

 

そういった点も含めて、

私は自分が問われるように感じた

希少な内容の本でした。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師向け情報サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット㈱ 小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット㈱ 公式facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー