ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

走る哲学

 

おはようございます。

 

医師に転職や開業を成功して頂く為に、

様々な情報提供を続けている

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

「走る哲学」

為末 大 扶桑社新書 を読みました。

 

医師キャリア哲学

 

本書を手に取ったのには

いくつか理由があります。

 

ひとつは為末大という人物に

興味があった事。

 

国内では400mハードルで

最高の選手だったと思いますし、

世界陸上選手権で2大会連続で

銅メダルを獲得した事は

今でも印象に残っています。

 

ただいかにもアスリートって感じではなく、

まさに走る哲学…。

 

twitterなどを使い、

自らの哲学を披露し、

共感を生んだり、問題提起をしたり、

時には炎上してしまう事もあるのでしょうが

精力的な活動を続けておられます。

 

これからの時代、

仕事にも、人生にも、

哲学が重要になると

個人的に考えておりましたので、

為末氏の哲学を知りたいというのも

ひとつの理由。

 

それとtwitterは私自身も使っているのですが、

どうも使い方がわかっていない…。

 

ブログやfacebook

それなりに使えている感があるものの

twitterは何をどうして良いものやら…。

 

為末氏のtwitterの使い方を

参考にしたいというのも

理由のひとつであります。

 

そんなこんなで読み始めたのですが、

これが非常に面白い!

実に勉強になりました。

 

為末氏がtwitterでツイートしたものを

厳選してピックアップしたのが本書です。

 

きっと競技人生の中で、

多くの成功と失敗を味わい、

ケガとの戦いであったり、

チヤホヤされたり、

逆にガッカリされたりして、

その都度様々な思いをしてきたのでしょう。

 

その思いをじっくりと噛みしめて

深い考察をしてきた事がよくわかります。

 

上手く行っている時、

大失敗をしてしまった時、

挫折を味わった時、

何を考え、どう行動すべきなのか?

 

アスリートだからではなく、

人として、大人として、

彼は語る言葉を持っているんですね。

 

若い方には勇気の書となるでしょうし、

若くない方には考えを深くする為の

エッセンスがちりばめられているように思います。

 

以前読んだ本ですが、寺山修二さんの

両手いっぱいの言葉を思い出しました。

 「両手いっぱいの言葉 413のアフォリズム」

 

本書もアフォリズムと言ってもいいでしょう。

数珠のように多くの金言があります。

 

最後に目次をご紹介します。

 

第1章 自分を軸に

 

対談 ルールに適応する事

 

第2章 社会を軸に

 

対談 ツイッターと日本文化

 

第3章 コミュニケーション

 

対談 スポーツが社会にできる事

 

第4章 スポーツ

 

対談 撤退の戦略、滅びの美学

 

第5章 ふたたび、自分を軸に

 

おススメ度は ★★★★★ と満点と致します。

 

悩みとの向き合い方や解消の仕方。

きっと本書から手に入れられると思います。

 

絶賛おススメ致します。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師向け情報サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット㈱ 小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット㈱ 公式facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー