ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

知に働けば蔵が建つ

 

おはようございます。

 

医師に転職や開業の有益な情報提供をしている

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

「 知に働けば蔵が建つ」

内田 樹 文春文庫 を読みました。

 

医師キャリア知性

 

私の書評シリーズでは

ここ最近恒例になっている

内田樹氏の著書でございます。

 

やはりというか、

私は波長が合うのか

内田氏と考え方が似ているのか、

いや内田氏の考察が深く、広く、斬新で、

その割にはわかりやすいので

もうとにかく勉強になってしまいますから

私は内田氏の虜になっております(笑)。

 

本書は内田氏のブログを

編集して書籍化したものだそうです。

 

私は内田氏のブログの存在自体を知らなかったので

一応、私もブロガーの端くれでもありますので

これは是非読んでみたいと感じました。

 

ご関心ある方はこちらをご覧下さい。

内田樹の研究室

 

ブログに書かれたものという事で、

他の著書と比較して

時事問題への言及が多いですが、

単に起こった事について語るだけではなく

哲学的、現代思想的なアプローチをしており、

語り口はライトタッチなのですが

書かれている事は

ハンマーで後頭部を叩かれたような

刺激的な気付きを頂く事ができました。

 

難しすぎず、簡単すぎず、

わかりにくい事もわかりやすく、

わかりやすい事は少しわかりにくく、

何だかわかったようなわからないような

でも考えなきゃな…という気にさせられるのが

内田氏特有の文章です。

 

どこかのビールではないですが、

コクとキレがあるんですよね(笑)。

 

ただキレに関しては

名刀のようにスパッと切ってきますし、

痛みは感じないのにザックリやられた…

そんな感じの鋭さを持っています。

 

おわりに…で内田氏は本書の内容について…

 

当然にも本書の中では

「言っていることのつじつまが合っていない」

 という事が起こる。

 こちらの文章で主張していることと、

 あちらの文章で主張していることが、

 ぜんぜん違うじゃないかということが

 散見されると思う。

 

 けれども、それらの考想は私の中に置いて、

 いずれもたしかに1度は存在したものである。

 そうである以上、「ぜんぜん違う」表層の下には、

 たぶん同一の「思考の母型」のようなものが

 伏流しているはずであり、

 それが何であるかを私自身も

 まだちゃんとことばにできていない

 ということにすぎない。

(いばって言うほどのことではありませんが。)」

 

このように述べています。

ここに内田氏の著書にあるエッセンスが

凝縮されているように私には感じました。

 

物事を見る角度が他者とは違う事、

本質に切り込みながらも、

わからないものをわからないと言える知性がある事、

小難しい事をユーモアを持って伝えられる事、

私はこの辺りが気に入っているんですよね~。

 

まだ内田樹氏の著書を読んだ事がない方は、

是非勇気を持って試してみませんか?

 

私は絶対の自信を持っておススメしますが、

内田ワールドに染まるかどうかはあなた次第です。

 

知性と教養を身に付ける事を

自分に課している人には合うと思います。

 

最後に目次をご紹介します。

 

・はじめに 知性と時間

 

・弱者が負け続ける「リスク社会」

 

・記号の罠

 

・武術的思考

 

・問いの立て方を変える

 

・交換の作法

 

おススメ度は ★★★★★ と満点と致します。

 

内田氏のブログも読んでみましたが、

彼の文章は考えながら

じっくりと読みたいので

私は本の方が良いです。

 

これからもライフワークとして

内田氏の本を読みながら、

彼が読んできた本も紹介されていますので

領域を広げつつも

彼の思考の源泉にも触れてみたいと思います。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報提供IBIKENサイト 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー