ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

危ない医者 患者が知らない病院の裏側

 

おはようございます。

 

医師が本業に専念できるように、

転職や開業をオーダーメードでフルサポートする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

「危ない医者 患者が知らない病院の裏側」

山内 太郎 王様文庫 を読みました。

 

医師転職裏側

 

この類の本は正直好きじゃないです。

でも暴露本ってのは、

それはそれで学ぶべきところがあるのも

事実です。

 

たまたまブックオフで見掛けた本書。

 

パラパラめくってみると

興味深い項目がいくつかあったので

購入した次第です。

 

医療機器購入の甘い汁とか、

稼げる診療、稼げない診療とか、

政治にも絶大な力を誇る黒幕医師会とか。

 

まあセンセーショナルなタイトルを付けるのは

出版社の策略でもあるのでしょうが、

読んでみる価値はあるかなあと思ったのですね。

 

まずは目次からご紹介します。

 

はじめに 資質がない人が多すぎる医者の世界

 

第1章 とんでもない医者の卵たち

1-1 こんな学生でも医者になれる

1-2 なぜ?研修医の悲惨な生活

 

第2章 大学病院、その驚くべき実態

2-1 とても人にはいえない医局の事情

2-2 病棟の中のすさんだ毎日

2-3 事実を知ったら、この病院には行けない!?

 

第3章 医者という美名に隠された「真実の姿」

3-1 医者だけにしか通じない常識

3-2 「責任」は医者の辞書にはない!?

3-3 本当に女医さんは”高嶺の花”なのか

3-4 聞いてあきれる医者の私生活

 

第4章 知っていると得する医療事情

4-1 ここだけの医者の本音

4-2 医者だって気分がのらない時もある

 

第5章 今度からはこんな病院を選べ

5-1 ハヤる病院、閑古鳥がなく病院

5-2 稼ぐことしか頭にない病院は行ってもムダ

5-3 ドラマよりも面白い病院の日常

 

まあこのようにある種のトンデモ本と言うか、

医療否定本とも言える本書ですが、

著者は本書出版当時は

東京医科歯科大学の系列病院に勤める

内科医だそうです。

 

果たしてその後も無事に

仕事をされているのでしょうか?

 

そんな心配をしてしまうような内容なんです。

 

とにかく斬る、斬る、ぶった斬る…。

 

医学生を、研修医を、大学病院を、看護師を、

外科医を、女医を、教授を、開業医を、

そして患者までを斬りまくっています。

 

これだけ書いちゃったら、

この世界では生きていけないんじゃない?と

思うくらいにもうやっちゃってますね…。

 

おそらくペンネームなのでしょうが、

山内太郎さんが本名だったら出版後、

相当に嫌な目に合っているのではないかと、

ちょっと怖いくらいです。

 

内容的には、

まあそんな事もあるんだろうね…という、

100人いれば中にはおかしな人もいるよね

そんな事が書かれているのですが、

本書を読んだら医療従事者なら相当に腹立つと思います。

というか、読む必要はありません。

 

おかしな数人を

まるで医師の代表のように、

こんな人ばかりと誤解させるような、

もう医療界のすべてが

おかしいとでも言いたいような書きっぷりです。

 

私も何だか嫌な気分にさせられました…。

 

おススメ度は ★☆☆☆☆ と低評価です。

 

個人的には学びになる点もなくはないのですが、

それは私のような仕事をしているからであり

医師や看護師など医療従事者、

そして患者も含めて、

読んでいてイライラしてしまうと思います。

 

真実を知るどころか、

真実を勘違いさせ、

スリードさせる内容です。

 

暴露本ってのはやっぱりダメですね…。

そこに愛情があったり、

ジャーナリスティックだったりすれば

まだ許せますが、

ただただ本を売りたいがために、

センセーショナルに書くような本は

ダメです。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報提供IBIKENサイト 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー