ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

人類を救う哲学

 

おはようございます。

 

医師が本業に専念できるように、

転職や開業をオーダーメードでフルサポートする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

「人類を救う哲学」

梅原 猛 稲盛 和夫 PHP研究所 を読みました。

 

医師キャリア哲学

 

今年最後の書評でございます。

いや~この1年間も結構読書しました。

 

これだけ読めば

かなり勉強になっているはずです。

 

どれだけ身に付いているのかは若干不安ですが

読書はライフワークですので、

来年も、再来年も多くの書籍と

触れ合いたいと思ってます。

 

そして嬉しいのは、

何名かの先生方が私がおススメする本を

興味が持てたので買いましたよ…とか、

思わずポチっとしちゃいましたよ…と

おっしゃってくれる事です。

 

先生方の興味関心を

私ごときの書評が起こすなんて

誠に恐縮ではありますが、

非常に有難い限りです。

 

この購買意欲喚起に関しては

出版社からいくばくかの謝礼が来ても

おかしくないでしょう(笑)。

 

さて、今年最後という事もあり、

集大成となるべく本が読みたいと考え、

私の本棚にあるまだ読んでいない書庫の中から

本書をピックアップしました。

 

著名な哲学者である梅原猛氏と、

ご存知京セラの創立者で現役経営者では

日本最高と個人的に思っている

稲盛和夫氏の対談。

 

しかも人類を救う哲学について語るなんて

今年の絞めはこれだ!と確信して

読み始めた次第です。

 

まずは目次からご紹介いたします。

 

第1章 文明の崩壊が始まった

 

第2章 アメリカ文明は正しいのか

 

第3章 「進歩」から「循環」の思想へ

 

第4章 世界連邦政府を樹立せよ

 

第5章 「利他の心」を教える教育を

 

第6章 神様が人類に与えた力

 

第7章 「無私の情熱」が成功を導く

 

このようになっております。

 

お2人とも大成功者と言える方々ですし、

失礼ながらお年を重ねていらっしゃるので

やはりおっしゃる事に対して含蓄があります。

 

正直、

やや理想論に走り過ぎているのではないか?とか、

精神文化に焦点を当て過ぎているのではないか?とか、

世界連邦なんて非現実的に過ぎるのでないか?などと

若干疑問に感じる部分はあるものの

いやはや率直に言うとスゲー本です(笑)。

 

大成功者のお2人ですが、

こういった哲学を持って人生を歩んできたから

必然的に成功したのだろうか?とも思えるほどに

身に付けておいた方が良いのだろうなという

価値ある考え方のオンパレードです。

 

特に第5章~第7章は知っておいた方が

良いように感じました。

 

多分、現代社会の成功者とは、

考えている「深さ」が違うのでしょうね。

お金儲けの錬金術を知っているという

現代の成功者と比較して、考えている事の

幅広さ、そして見識の深さは

さすがと感嘆します。

 

文明論から、地球環境問題、エネルギー問題、

思想、国益進歩史観、自由、民主主義、

倫理観、貧困問題、道徳、仏教、核兵器問題、

西郷隆盛論などなど、

実に多種多様な、また地球レベルでの話しが

展開されます。

 

単純な私などは、

大人として、大人の責任として、

これくらいに世界で起こっていること、

そして起こってきた歴史を学び、

広く、深く、考えに考えて、

後世に伝えていく。

そういう責務があるんだろうな…

 

とか考えちゃいました。

 

お2人のおっしゃる事、

すべてが正しいなんて思いませんが、

本書をきっかけにして自分自身の哲学的な思想を

ブラッシュアップする事はできると思います。

 

おススメ度は ★★★★☆ と致します。

 

今こそ哲学が求められる時代はないと思います。

年々その重要性は増すばかりでは

ないでしょうか?

 

医師においても、

哲学的なアプローチは自分自身を救う事にも

繋がるかと思うんです。

もちろん患者を救う事にもなるでしょうし…。

 

なんて偉そうな事は言えませんが、

私自身はまだまだ来年も学び続けます。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報提供IBIKENサイト 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー