ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

はじめてのニーチェ 1時間で読める超入門シリーズ

 

おはようございます。

 

医師が本業に専念できるように、

転職や開業をオーダーメードでフルサポートする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

「はじめてのニーチェ 

 1時間で読める超入門シリーズ」

適菜 収 飛鳥新社 を読みました。

 

医師初めての転職

 

昨年出会った適菜収さん。

 

とても勉強になって

興味を持ってしまいました。

 

その時のブログはこちら ⇒ バカを治す

 

もともと哲学家ですので、

いずれ他の本もじっくり読みたいなあと

思っていたのですが、

たまたま出会ってこれだと思ったのが本書です。

 

イチ時期、

超訳ニーチェの言葉という本が流行りましたよね。

 

この本も実は読みたいのですが、

ニーチェの思想は難解だし、

誤解もあるようですし、

そもそもニーチェという人が

どういう方で

どんな考え方を持っていたのかを知らずして

言葉だけを取り上げても意味がない!という

文章を何かで読んで

だったら

まずは超入門という事で

本書に手を伸ばしてみた次第です。

 

なんてたって

「1時間で読める」ですから、

ポイントをわかりやすく押さえてあるだろうと

期待していたのですが、

さすがに1時間とは行かなかったものの、

まあ2時間も掛からずに読み終えました。

 

あまりにも読みやすくて、

しかも為になるので、

思わず2回読み直しちゃいました。

 

お陰様でニーチェの根本的思想、

何を考えていて、

何を成し遂げようとしていたのか、

そういうものが

何となく理解できたような気がします。

 

ニーチェは難しいから…と

妥協した事がある方は

是非本書をお読みになる事をおススメします。

 

本書に書かれている事を理解したら、

難しい内容も理解しやすくなるように思います。

 

ただ本書によると(適菜収氏によると)、

ニーチェが言いたかったのは、

「騙されてはいけないよ」

「嘘、デタラメ、でっちあげから

 目を覚ましなさいよ」

「洗脳を解いて物事をよく考えなさいよ」

という事のようです。

 

ここで目次を紹介します。

 

はじめに なぜニーチェなのか?

 

序 章 目を覚まそう。洗脳を解こう!

    -ニーチェについて

 

第1章 キリスト教邪教です!

    -歪められた「神」

 

第2章 民主主義者もうやめない?

    -民主主義は危険なイデオロギー

 

第3章 世界はなぜ存在するのか?

    -権力への意志について

 

第4章 正しい格差社会

    -永遠(永劫)回帰と超人

 

第5章 ニーチェ反ユダヤ主義

    -ナチズムとキリスト教

 

おわりに 楽しい世の中へ

 

偉大と思っていた哲学家たちを

真っ向から批判し、

キリスト教をぶった切り、

民主主義のカラクリを見抜き、

社会の嘘、デタラメを徹底的に叩き、

こんなだから必然的に敵が多く、

誤ったニーチェ像、

間違ったニーチェの思想が

現代にそのまま伝わっている…。

 

それを適菜氏が面白おかしく、

まるでニーチェが乗り移ったように

真実を明らかにしています(たぶん…笑)。

 

おススメ度は ★★★★★ と満点といたします。

 

昨年末から読む本、読む本が

大当たりしております(笑)。

 

評価が高くなり過ぎていますが、

いやはやホントに面白い、

勉強になる本と

出会っているのです。

 

どうやら今年の私は神ってるようです。

手に取る本が当たりまくりです。

 

ニーチェはいつか読みたいと思っていて、

少し手を出してはまだ早い…、

先延ばし先延ばしになっていたのですが、

本書を読む事で本格的にチャレンジできる

準備が整ったように思います(幻想か?笑)。

 

適菜氏のがらっぱち加減というか、

個性豊かな発言には

賛否両論があるかもしれませんが、

私は結構好きなんで、

さらに適菜氏の著書も読み込んでみて、

ニーチェゲーテなどにも

近い内にチャレンジしようと思ってます。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報提供IBIKENサイト 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー