ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

街場の五輪論

 

おはようございます。

 

娘を愛し、家族を愛し、勤めを愛し、

医療を愛し、国を愛する 

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

オリンピック…。

果たしてどうなりますかね~。

 

本日のブログのタイトルは、

【 街場の五輪論 】

といたしました。

 

f:id:ka162701:20200229094937j:plain

 

本書をピックアップした理由

『 待場の五輪論 』

内田 樹 小田嶋 隆 平川克美 朝日新聞出版 を読みました。

 

本当なら今頃は

オリンピックに向けて

ワクワクし始めていたはずですね。

 

しかしコロナウイルスの拡がりで、

もうそれどころじゃなくなって

中止すら危ぶまれています。

 

よく日本人はオリンピック好きと言われますが、

東京に決まった時のあの盛り上がりの裏側には

いったい何があったのでしょうか?

 

オリンピック開催に反対していた人、

望ましくないと考えていた人、

何となく今こそ再考すべきじゃないかと考えて、

また敬愛する内田樹さんの著書でもあり、

楽しみに本書を読み始めたのでした。 

 

目次

第1章 二〇二〇年、東京五輪開催ー嬉しい人、憂鬱な人

第2章 ニッポン、チャチャチャ 熱狂の変質

    ー国威発揚から商業主義へ

第3章 グローバル化とカネの話

    ー政治的圧力より経済的圧力

第4章 福島への視線

    ー言葉じりから漏れる本音

第5章 消費税も戦争も

    ー求める日本人像はヤンキーか

 

感想

本書に登場するお三方は

皆さんオリンピック開催反対派…。

 

私は特に積極的に支持する訳でもないけど、

別に反対するほどでもないという中間派でしょうか 。

 

いくら敬愛する内田さんが反対派でも、

別に意見を合わせようとは思いません。

 

ただ賛成派が多い中での

貴重な反対派ですから

なぜ?どうして?という見解は知りたいと思ってました。

 

内田さんの対談本はいつも読み応えバッチリ、

思考も深く、視野も広く、

常に勉強になるものだけど

正直、本書は今イチでしたかね~。

 

オリンピック反対というよりは、

それを取り巻くものに疑問を感じているわけで、

別にそこまでなるほど…というロジックはなし。

 

まあ200ページ弱の薄い本でしたし、

ちょっと内容は満足できなかったなぁ。

 

そうは言っても学ぶべきところはありまして

恒例の私がグッときた箇所をご紹介します。 

 

今、やってることは、

「デモクラシーは金儲けのためには非効率であるから、

デモクラシーを止めます」という話なんだよ。

「国家の株式会社化」と言ったけど、

「日本のシンガポール化」と言ってもいい。

唯一無二の国是が経済発展であり、

すべての社会制度は、

教育も、医療も、福祉も、

すべて経済発展に資するかどうかだけを

基準にして良否を判断する。

東京オリンピック招致も

そういう流れの中での出来事だと思う。

(P.46~47)

 

ビジネスの目的はお金です。

人間の目的だって、

お金だと言われるかもしれない。

でも、ビジネスの目的はお金だけだけど、

人間にとってお金はいくつかある目的のひとつでしかない。

その違いがわからないやつらが増殖している。

(P.99)

 

「御国のために」とか風呂敷広げるやつは

だいたい利己心でやっている。

「個人的な損得を捨てて、

大義の為に命を賭けろ」ということを言うやつらは

映画の中では全部ワルモノなのね。

(中略)

「御国のため」というようなことをうるさくいう人間は、

実際にはどんな共同体に対しても責任を果たさない。

責任というのは、

顔の見える親族共同体や

地域共同体に対してだけ果たしうるものだからね。

(P.145)

 

オリンピックは、そのお金儲けの道具であり、

同時にそこから生まれる問題を

忘れさせてくれる熱狂でもある。

共同体がばらけたからお金が必要になったんだけど、

お金だけが共通言語になっていくプロセスで、

共同体がさらにばらけていく。

(P.150)

 

それでも、オリンピックが東京で開催されるのであれば、

最低でも、それを戦争のプロバガンダや、

経済浮揚の道具ではない、

スポーツの大会にしてほしいと思う。

(P.184)

 

評価

おススメ度は、★★★☆☆ といたします。

 

内田さんの本ではちょっと低評価ですが、

他の著書が高いだけで充分に満足できると思います。

 

そして考えさせられたのは、

経済優先社会、

お金以外の価値観が失われている現代社会。

 

前述しましたが、

ビジネスの目的はお金だけだけど、

人間にとってお金はいくつかある目的のひとつでしかない。

という点については

私もかなり疑問に感じています。

 

カネ、カネ、言ってるビジネスマンって

一時の成功はできても

成功し続けている人はごく少数なんですよね。

 

いやそれどころか

どこかの時点からは失敗者に成り下がる事も

少なくありません。

 

オリンピックも本来はスポーツの祭典のはずなのに

今ではすっかり金まみれですしね。

 

お金は必要不可欠です。

でも人生の目的がお金だけでは寂しいです。

 

お金以外の価値観をいかに手に入れるか?

ここって結構重要な時代なのかもしれませんね。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>

医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト 

ジーネット株式会社 <公式> twitter

ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー