ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

ビッグボーイの生涯 五藤昇その人

 

おはようございます。

 

医師のキャリアプランを研究し続ける

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

仕事には多かれ少なかれ

情熱とか熱意が必要だと思います。

 

もちろん情熱や熱意だけではないですが、

ベースには強いモチベーションって必要ですよね。

 

私にとって

若干落ち始めたモチベーションを

ググっと大きく持ち上げてくれるのは

城山作品です。

 

この方の著書を読むと

こんなところで負けてられるか…と

思いを強くさせられるんですよね。

 

ホント有難い作家です。

本作品もいいですよ~。

 

本日のブログのタイトルは、

ビッグボーイの生涯 五藤昇その人 】 

といたしました。 

 

f:id:ka162701:20200506103703j:plain

 

本書をピックアップした理由

ビッグボーイの生涯 五藤昇その人 』

城山 三郎 講談社文庫 を読みました。

 

城山作品はセレクトする人物がスゴイ。

 

社会的な活躍、影響度はもちろんの事ですが、

やはりそこには城山三郎というフィルターが掛かっており、

城山さんの目に魅力的と映らなければ

当然取り上げられない訳ですね。

 

今まで何十冊と城山作品を読んできましたが、

よくぞ取り上げてくれました…という方々ばかりで、

いつも城山さんの慧眼には頭が下がる思いです。

 

本書ですが、

え?五島昇?

五島慶太じゃないの?というところからスタートです。

 

そりゃ東急グループと言えば

創始者五島慶太氏を思い浮かべますよね。

 

私の勉強不足ですが、

五島昇という人物を知りませんでした。

 

でも城山さんが慶太氏ではなく

昇氏を取り上げたのには

きっと何か理由があるはずだ…と思い

むしろそこを知りたくて

興味津々で読み始めたのでした。

 

目次

1 無表情な男

2 勉強会のパン係

3 にぎやかな生と死

4 信長の再来

5 はげしい人事

6 休んで走る

7 「好きなようにやれ」

8 単独行

9 新会頭は走る

10 後継者指名

11 第四の人生 

 

感想

城山作品は

読後感がすこぶる良いです。

 

読み終えた爽快感が

本書と出会えた奇跡をしみじみと感じさせてくれます。

 

一生に読める本の数なんて限りがある訳で

自分が本書を手に取った奇跡に対して

素直に有難うと思わせてくれるのが

城山作品の真骨頂ですね。

 

東急グループを飛躍させた2代目の五島昇。

創始者である五島慶太氏の長男です。

 

物語は次男の進氏がソロモン諸島で戦死するところから。

もともと父、兄とも事業は進氏が継ぐと同意が取れており、

昇氏にとっては運命が大きく変わり始めて…。

 

強盗慶太と異名を取った父とは一線を引き、

むしろ反発してきた前半生。

 

弟の戦死、そして父の死により

東急グループを引き継ぐ事になった昇氏。

 

正力松太郎から授けられた

「一番大事なことは相談せずに自分で決めろ」との言葉。

 

独裁を宣言しつつも

優れたバランス感覚で東急グループを発展させ、

日本商工会議所の会頭に就任。

 

政界、財界にも多大なる影響力を持つ

昇氏が辿ってきたのは

あまり成功者らしくないプロセスであり、

そこには人間らしさが散りばめられています。

 

ダンディな形。

 

城山さんはそう述べていますが、

まさに昇氏ならではの美学の追求ではないかと感じました。

 

世に2代目は

初代ほど上手く行かないとよく言われますし、

多くの場合はそれは事実であるでしょうが、

昇氏の半生は例外もある事を示していますね。

 

また「経営」とは何か?

現代社会に生きる我々は、

経営を技術論、システム論として捉えがちですが、

そんな小さなものだけではなく、

「生き方」、「人生感」であるとも思いました。

 

この最も大事なところが

現代では軽視され過ぎているような…。

 

東急グループ

そして2代目の生き方。

経営論、人生論。

 

ここに関心を持つ方は

是非とも本書を手に取って頂きたいですね。

 

経営を通して、

人生を学べる優れた物語が

ここにはあります。

 

評価

おススメ度は ★★★★☆ といたします。

 

あとがきで城山さんは

休戦の哲学、休戦の美学を説き、

大きく休み、大きく生きたある男の人生の旅と述べています。

 

私たちは今1度、

人とは何だ?

人生とは何だ?と再考し、

これからの時代を作り直していかねばならぬ…と

大きな視点を持つ事ができる良書です。

 

仕事とは?

生きるとは何か?を学べる

私たち日本人が知っておくべき歴史のように感じました。

 

 それでは、また…。

 

 

 *ジーネットTV 動画も続々アップしています!

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>

医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト 

ジーネット株式会社 <公式> twitter

ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー