ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

働く人のためのキャリア・デザイン

 

おはようございます。

 

医師のキャリアプランを共に考える

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

「働く人のためのキャリア・デザイン」

金井 壽宏 PHP新書 を読みました。

 

医師キャリアデザイン

 

キャリア・デザイン…。

 

私自身も時々考えます。

医師の転職支援の仕事をしているのですから

当然と言えば当然なのですが、

たまには自分自身の事として考える事もあります。

 

そして絶対に考えた方が良いと思ってます。

 

別にいつもいつも

考えるべきという話しではないんです。

 

いざという時…、

節目の時…。

 

仕事柄キャリア関係の本は

時々読むようにしておりますが、

本書は今まで読んできた中で

素直に当たり!と言える面白さでした。

と言うか、非常に勉強になりました。

 

これからは医師や看護師もキャリアプラン

考えた方が有利になりますよ…というのが

持論である私ですが、

本書を読んでさらにそう思いましたし、

核心に近いものを得る事もできました。

 

これからどうしようかな…と

お考えになっている医療者の皆様も

是非本書をお手に取って頂きたいと思います。

 

これからどうしようかな…という答えを

どう導き出していくのかのヒントが

本書にはあります。

 

だいたいこういったキャリアの本というのは

人事とか採用とか人材業とかコンサルとか

そういった出身の方が書くケースが多いのですが、

いやそれが悪いという話しではないんですが

やっぱりそれだけ経験則とか、

本人が見聞きした事が中心となってしまいます。

 

ところが本書の著者は神戸大学の現役教授です。

 

キャリアについて

本気で研究をしてきた方です。

 

まさに日本のキャリア研究の第一人者と

言って良いでしょう。

 

それだけに、

欧米の事例も豊富ですし、

キャリア論の最先端を走っているように感じました。

 

キャリアについて学ぶには最適の本です。

 

最後に目次をご紹介します。

 

第1章 キャリアは働くみんなの問題

 

第2章 揺れ動くキャリア観

    -なぜ移行期、節目に注目するのか

 

第3章 キャリアをデザインするという発想

    -ただ流されるのとどう違うのか

 

第4章 最初の大きな節目

    -就職時と入社直後の適応

 

第5章 節目ごとの生涯キャリア発達課題

 

第6章 元気よくキャリアを歩むために

 

おススメ度は ★★★★★ と致します。

 

久しぶりの五つ星です。

 

著者のスタンスが、

こうしなければならないとか、

こうすべきだとか、

誘導していくような感じではないんです。

 

ヒントや事例やノウハウをいくつか提示して

さあここからは皆さんご自身で考えましょうね

という感じなんですね。

 

キャリアなんて個々それぞれのものですし、

絶対的な正解があるものでもありません。

 

それだけに著者のスタンスが非常に中立的であり

だからこそ素直に頷けるというか、

考えるきっかけとして相応しく思いました。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報提供IBIKENサイト 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー