ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

ビジネスマンのための「平常心」と「不動心」の鍛え方

 

おはようございます。

 

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ

転職・開業コンサルタント

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

【ビジネスマンのための「平常心」と「不動心」の鍛え方】

藤井英雄 同文館出版 を読みました。

 

医師転職平常心

 

私は、「考え方」というのが

非常に重要だと思っています。

 

例えば仕事ができないと言われている人、

これは多くの場合、

その人の能力や知識が不足している事よりも、

「考え方」に問題がある為に能力を発揮できず、

知識を活かす事ができないんだと思うのです。

(もちろん、そうでない場合も ありますが…)

 

これは仕事に限らず、家庭生活でも、

人生でも、恋愛でも、

そうなのではないかなと考えています。

 

でも、「考え方」と言っても

非常に漠然としていてわかりにくいですよね。

 

またあの人は

「考え方」が悪いからダメなんだ…なんて事は、

簡単には言えますけど、

自分自身については「考え方」が悪いから

この程度なんだ…という発想は

なかなか湧かないとも思うんです。

 

やっぱり自分の事は見えているようで

見えないですからね。

 

どうして自分はこうなんだろう…。

俺ってホントにダメな奴だな…。

いつもいつも自分だけ上手く行かない…。

あいつに負けてるとは思わないんだけどな…。

私ってもしかしたらメンタルが弱いのかも…。

 

こんな事を考えている方には

この本は非常にお薦めできます。

 

また上記のように

「考え方」というのを大切にしている

私のような方には

ある意味ではこの本は

「道しるべ」のようなものに

なるのではないかとも思います。

 

とてもお薦めできる本ですよ。

 

では、まずは目次からご紹介します。

 

1章 わかっていてもできない

   「ポジティブ思考」

2章 「マインドフルネス」とは何か?

3章 マインドフルネスで感情から自由になる

4章 マインドフルネスの効用

5章 マインドフルネスの鍛え方「基礎編」

6章 マインドフルネスの鍛え方「上級編」

7章 自己肯定感を強化するアフォメーション

8章 身体を調える

 

となっています。

同文館出版のホームページでは

下記のような内容紹介されています。

 

【“揺るぎない自分”を養う心の特効薬=

 「マインドフルネス」のすべてがわかる‼ 

 もし、あなたがストレスや

 プレッシャーに負けて「平常心」を失い、

 実力を発揮できずに

 つまらない失敗をしてしまうことが多いなら、

 「マインドフルネスが足りないこと」が

 原因かもしれない。

 

 「マインドフルネス」とは、

 「今、ここ」の現実に対する気づきのこと。

 

 このマインドフルネスを身につけることができると、

 自分自身の感情を

 客観的に観察することができるようになるため、

 「平常心」と「不動心」を養い、

 何があってもブレない自分をつくることができる。

 

 ・いつも、取り越し苦労ばかりをして疲れている

 ・過去の失敗にとらわれて後悔し、

  前向きに考えられない

 ・感情的になって損をすることが多い

  こんな人は、ストレス、

  うつ病時代をたくましく生き抜くために、

  マインドフルネスを身につけよう!】

 

なるほど。

つまりマインドフルネスというキーワードが

ポイントのようですね。

 

ちなみにこのマインドフルネスは、

あのグーグル社が社員研修のプログラムとして

採用しているそうです。

 

興味深いですね。

 

この本を読みながら思ったのは、

少し前にサッカー日本代表のキャプテンである

長谷部誠選手が「心を整える。」という本を出し、

結構話題になりましたよね。

私も読み、ブログにも書きました。

 

心を整える。

https://gnet-doctor.com/blog/archives/2153

 

どんな世界でもメンタル面、

心を整えるというのは

成功の為のひとつの条件なんだと思います。

 

心を整える。>は、

サッカー選手として心を書いた本です。

 

この本は著者の藤井英雄氏が

精神科医であり、医学博士でありますから、

いわゆる西洋医学的な考え方も含まれています。

 

その一方で、

著者は東洋医学にも造詣が深く、

自身を瞑想家としてもいるくらいです。

 

ですから西洋と東洋の良いところを

バランス良く著しているんです。

 

サッカー選手としての心、

数多くの患者さんを診てきた精神科医が思う心。

 

どっちも興味深いですが、

やはりこの本は専門家が書いているだけあって、

長谷部選手の本と比較すると論理的ですし、

理由が明確で安心して読めるかと思います。

 

著者はfacebookやブログなどでも

情報発信をしていますので、

関心がある方は是非お読みになって下さい。

 

facebook

https://www.facebook.com/cocoronotorisetsu

 

<ブログ>

http://ameblo.jp/cocoronotorisetsu/

 

心の問題は個々それぞれの事情や環境があり、

これが正解だ!という形は見えにくいものだと思います。

 

しかし傾向と対策のようなものはあるでしょうし、

ある意味でのコツというものもあるような気がします。

 

この本は平常心、不動心を持つ為のコツが

非常にわかりやすく書かれています。

 

ビジネスマンにも有効ですが、

きっとビジネスマンではない方にも

参考になる事でしょう。

 

冒頭にも書いたように、

現状の自分に満足できていない方、

自分自身の可能性をもっと広げたい方、

もっとポジティブな考え方が

できるようになりたい方などには

非常に良い本だと思います。

 

お奨め度 ★★★★☆ とさせて頂きます。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師向け情報サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット㈱ 小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット㈱ 公式facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー