ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

敗北を恐れぬ監督たち 結果至上主義からの脱出

 

おはようございます。

 

医師の転職、開業の情報提供をしている

医師転職相談センターを運営する

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

「敗北を恐れぬ監督たち

 結果至上主義からの脱出」 

杉山茂樹 実業之日本社 を読みました。

 

医師キャリア敗北を恐れぬ

 

杉山茂樹…。

 

私が最も評価している

サッカージャーナリストです。

 

この方の本は

見掛けるとつい買ってしまいますし、

コラムなども発見すると必ず読みます。

 

非常に着眼点がいいと思っており、

サッカーの楽しみ方を教えてくれる

稀有な存在だと

個人的には思ってます。

 

WEB上では賛否両論あるようですが、

彼の主張はわかりやすいし、

日本サッカーを成長させる為に

必要な考え方を述べているように感じます。

 

本書は、

前半では名将グアルディオラ

師と仰いでいるリージョ、

好敵手のモウリーニョ

その他、ヨーロッパサッカーの記者、監督、

クラブについて書かれており、

後半は清水エスパルスのゴトビ監督、

FC東京の監督であるポポビッチを中心に

Jリーグについて述べています。

 

サブタイトルにもあるように、

本書は結果至上主義から

脱出する為の方法論が書かれているのですが、

それを簡潔に述べると…

哲学

スタイル

 

そして、こういったものを

最も持っているクラブとして

バルセロナを挙げています。

 

これに異論がある方は、

多くないのではないかと思うのですが、

世界を見回しても

オリジナルな哲学、色、スタイルを持って

クラブは魅力がありますし、

人気も当然ありますね。

 

今は、バイエルンなどもそうなのでしょう。

 

早くJリーグにも、

そういったクラブが生まれて欲しいと思いますし、

サッカー先進国の代表チームのように、

日本代表も日本らしい哲学や色、スタイルを

構築できたら素敵な事だなと思います。

 

勝利以外のサッカーの楽しみ方…。

それを教えてくれる面白い本でした。

 

最後に目次をご紹介します。

 

・布陣、戦術の前に語るべきこと

・拘りのある言葉は新たな価値を生む

・小国のあるべき姿

・欧州サッカーの精神

グアルディオラモウリーニョ

バルセロナが世界最高の理由

・メッシには誰も文句が言えない

・監督としての心得

・サッカーの理想型

・クラブのあるべき姿

・監督に求められる能力

 

となっています。

 

おススメ度は ★★★☆☆ と致します。

 

若干厳しめです。

非常に面白かったのですが、

話題が多岐に渡り過ぎて、

若干主張がわかりにくかった部分があり、

その分を割り引いています。

 

評価をしているジャーナリストだけに、

残念に思いました。

 

トータルとしては

サッカー好きには実に楽しめる内容ですし、

日本のサッカー好きも

そろそろ哲学を代表、クラブに

求めてもいいのではないかと思います。

どうぞ楽しんで下さい。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報サイト<IBIKEN> 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー