ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

日本サッカーの偏差値52

 

おはようございます。

 

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ

転職コンサルタント歴13年の

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

「日本サッカーの偏差値52 

 これじゃ番狂わせも起こらない!

 監督と選手、偏差値を下げているのはどっち?」 

杉山茂樹 実業之日本社 を読みました。

 

医師キャリア偏差値

 

え~、まずは目次からご紹介します。

 

第1章 世界のサッカー偏差値

 ブラジル  サッカー偏差値70

 アルゼンチン  サッカー偏差値68

 スペイン  サッカー偏差値64

 ドイツ  サッカー偏差値63

 オランダ  サッカー偏差値62

 ポルトガル  サッカー偏差値62

 イングランド  サッカー偏差値60

 イタリア  サッカー偏差値60

 フランス  サッカー偏差値60

 クロアチア  サッカー偏差値60

 韓国  サッカー偏差値54

 中国  サッカー偏差値50

 

第2章 日本のサッカー偏差値

 戦術  サッカー偏差値49

 監督  サッカー偏差値50

 選手  サッカー偏差値54

 メディア  サッカー偏差値50

 ファン  サッカー偏差値53

 審判  サッカー偏差値49

 Jリーグ&クラブ  サッカー偏差値52

 協会  サッカー偏差値52

 日本語式サッカー言葉  49

 

となっています。

 

サッカーにはFIFAランキングがありますが、

あんまり実情を反映してませんよね?って事で

独自に杉山さんがサッカー偏差値というもので

各国に数値を付けて解説しているこの本…。

 

まあやっぱり若干無理はありますわな(笑)

 

また2009年の3月に出版された本ですので、

時代はやはり移り変わってもいる訳で…。

 

だからと言ってつまらない本だったかと言うと、

そんな事はありません。

 

そもそも私は杉山茂樹さんという

サッカージャーナリストを

非常に買っているのですが、

今回もさすがだなと思う箇所もたくさんありました。

 

正直、前半の国別の部分は

最新の情報ではないだけに、

あんまり興味を惹かなかったのですが、

後半の日本のサッカーを取り巻く環境についての部分は

非常に面白かったです。

 

頷かされる部分も多いですし、

その通りに改革してくれれば

さらに日本サッカーは良くなるのではないかなと

思う箇所ばかりでした。

 

特に、メディア、審判、

日本語式サッカー言葉については

面白かったです。

 

メディアの一員である杉山さん自身が

自分の世界に手厳しいのも素晴らしいと思いましたし、

審判はJリーグを見ても

かなりひどいようにも感じていましたので、

早急な対策が必要かと。

 

日本語式サッカー言葉は、

これはメディアとも関連がありますが、

やはり世界に通じない

訳のわからない用語を

使っていてはいけないと思います。

 

最後にあとがきから杉山さんの言葉をご紹介します。

 

「サッカーは、

 清く正しく美しいスポーツではあるが、

 本当に面白いエンターテイメントであり、

 底抜けに楽しい娯楽だ。

 生きてるうちに、

 本物のサッカー熱を帯び、

 馬鹿になって

 そのおもしろさを味わいつくさなければ、損だ」

 

う~ん、よくわかります(笑)

きっとサッカー好きには

よく理解できるのでしょうね。

 

今年の日本代表は

コンフェデレーションカップがあり、

来年はブラジルワールドカップですね。

 

日本代表だけでなく、

Jリーグも大手メディアには

あまり取り上げられませんが、

かなり盛り上がっています。

 

サッカー好きな人が増えたら嬉しいです。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報サイト<IBIKEN> 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー