ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

救国の政治家 亡国の政治家

 

おはようございます。

 

医師のキャリアプランを中心に

転職、開業、経営シーンで支え続ける

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

政治って別に政治家だけのものではなく

私たち一般人も関わるべきと思います。

 

為政者の好き放題されちゃ困りますし、

我々も学んでおくべきですよね。

 

本日のブログのタイトルは、

 救国の政治家 亡国の政治家 】としました。

 

医師転職情報収集

 

本書をピックアップした理由

『 救国の政治家 亡国の政治家

  吉田茂から安倍晋三まで、歴代総理の器量 』

中西 輝政 飛鳥新書 を読みました。

 

よく言われますよね。

日本人は政治について語りたがらないって。

 

営業の世界では、

政治、宗教、好きなプロ野球球団の話しなどは

できるだけ避けろと言われますが、

こういう文化も政治を語らない事に

ひと役買っているのでしょうね。

 

私は歴史を学ぶのが好きです。

吉田茂から安倍晋三までの歴代総理について語るなら

政治本というだけではなく

ある意味では歴史書的な位置づけもあるかと思い

本書を手に取ってみました。

 

目次

第1章 「米中冷戦」と日本

第2章 二〇〇九~二〇一二ー日本政治の“深い闇”

第3章 国民に対する党ぐるみの“詐欺行為”

第4章 リベラル・ポピュリズム(市民主義)の背信

第5章 自民党崩壊史ー米中による日本包囲網

第6章 「戦後」からの決別

 

感想

いや~、勉強になりました。

救国、亡国と天下国家を語るのかな?

歴代総理大臣の器量について書くのだから

デカい話しでわかりにくいのかなと若干心配でしたが

いえいえ意外とわかりやすくて読みやすかったです。

 

中西輝政氏の著書は初めて読みましたが、

率直に言ってそうだ!と思うところもあれば、

ふ~ん、そういう風に受け止めるんだ…という箇所もあり。

 

主張に力強さがあるのは確かですが、

きっと本書を読めば多くの方が賛否両論だと思うのです。

でもそれでいいと考えます。

 

これこそが政治だと思うからです。

現在にも様々な政治的な課題があり、

それぞれの政策にも賛成あり、反対あり。

普通の事です。

 

しかし民主主義社会に生きる我々は、

多数決で社会の将来を決めざるを得ないのですから

喧々諤々の議論を踏まえ、

多数の人が賛成した方向に足を踏み出すべきです。

 

元英国首相のウィンストン・チャーチル

「民主主義は最悪の政治形態らしい。

 ただし、これまでに試されたすべての形態を別にすればの話であるが。」

と述べたそうですが、

本当にその通りだと思います。

 

人類が民主主義以上に

素晴らしい政治形態を生み出さない限りは

民主主義社会の中で生きるしかありませんもんね。

 

個人的に今の我が国の政治的な課題は、

自分と違う意見を受け入れる、

多様な意見を戦わせる、

このプロセスが抜け落ちたまま

政策が決定されてしまう事だと思ってます。

 

くだらない揚げ足取りとか、

ミスを鬼のように追求するとか、

そんな事ではなく

正常な政策論議を戦わせて欲しいと感じます。

 

こういう事を考えている私にとっては

本書は素直な学びと反面教師的な学びの両方を

与えてくれました。

 

やっぱり多様な見解を知る事で

自分の考えもブラッシュアップしますね~。

 

評価

おススメ度は ★★★☆☆ といたします。

 

ちょっと厳しめの評価ですが、

これは賛否両論があるのを百も承知で

きっと否と思う方は気分を害すだろうなと思ったからです。

 

保守的な思想を持つ方は賛でしょうが、

革新的な思想を持つ方は否でしょうね…(苦笑)。

割と中道的な思想を持つ私は

客観的に読めたので勉強になりました。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報提供IBIKENサイト 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー