ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

99%の会社はいらない

 

おはようございます。

 

医師の人生設計をベースにして

キャリアプランを元に転職や開業をご支援する

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

未来永劫このまま…というのは

やっぱりあり得ないと思います。

 

常に時代は、社会は、自分自身も

変わり続けるものですし、

その変化や進化に翻弄されるのではなく、

理想は自らがその先鞭に立つ事ではないかと思います。

 

本日のブログのタイトルは、

『 99%の会社はいらない 』 といたしました。

 

医師紹介会社いらない

 

本書をピックアップした理由

『 99%の会社はいらない 』

堀江 貴文 ベスト新書 を読みました。

 

別に心底ファンになるという感じではないけど、

無視してしまうのはもったいないし、

彼の物の考え方は参考になる所も少なくない…。

 

私自身はこう考えているのですが、

おそらく堀江さんに対して

似た評価をしている人は

意外と多いのではないかと思います。

 

彼の著書を探す…ほどではないけど、

たまたま出会ったら思わず買ってしまう…

そしてつい読んでしまう…(笑)。

そんなこんなで本書を手にした次第です。

 

目次

第1章 日本の会社はおかしいと思わないか?

第2章 仕事のない時代がやってくる

第3章 だから「遊び」を仕事にすればいい

第4章 会社ではない新しい組織のカタチ

第5章 会社に属しているあなたへ

 

感想

さすがだなあホリエモン…という部分と

やっぱりホリエモンだな…と思う部分と

まあ賛否は私の中で両方あるのですが、

それでも読み終えて勉強になった感があるのが

堀江さんのいい所なのかな(笑)。

 

実際に心から拍手を贈りたくなる程に

賛成できる所も結構あります。

 

その一方でう~ん、

それはどうかなあ?と思う箇所も

やっぱりあります。

 

でもトータルで考えると勉強になります。

 

やはり堀江さんのテクノロジーに対する知識、

世の中を俯瞰的に見るスキル、

未来を自分の手で動かしていける先見性、

とても参考になります。

 

本書ではゴーストライター的な存在を

堀江さん自身で暴露してしまってますが、

それでいいだろうと開き直ってます(笑)。

 

だからなのでしょうか、

他の著書と比較すると

何だかやたらと熱い!

実に熱く語りかけているんです。

 

これは堀江さんの心から溢れた言葉なのか、

多少ライターが誇張しているのか、

何とも言えませんが、

私には新鮮で、なおかつその熱さを

好意的に受け止めました。

 

堀江さんの言う通り、

私も会社という組織形態は

段々と廃れていくように思ってます。

 

働き方改革とは、

組織から個人に

パワーシフトしていく事ではないか?と

考えているのです。

 

すでに名立たる大手企業が

度重なる不祥事を起こし、

社会にとって必要悪のような存在に

なり下がってもいます。

 

強い個人が少数集まる組織形態…。

 

ここに突破口があるのではないか?

堀江さんの主張は

私のニュアンスとは若干異なりますが、

かなり共感できるところも多く、

今の堀江さんの働き方を好ましく思う人は

意外と多いのではないかと思うんですよね。

 

会社という組織に

魂まで握られて悶々とする人生は

近未来には受け入れられなくなるような気がします…。

 

評価

おススメ度は ★★★★☆ といたします。

 

読んで損はないと思います。

ただ堀江さんに対して

どうも好きになれない感がある人は

読む必要はないかな…。

 

好意的に見ている人や、

スクエアに長短あると思っている人にとっては

かなり学ぶ所が多いのではないかと思いますが…。

 

近未来の生活、働き方、

生き方を模索している方には

おススメできます。

 

それでは、また…。

 

 

<過去の書評ブログもご覧下さい!>

もう国家はいらない

竹中先生、「お金」について本音を話していいですか?

AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報提供IBIKENサイト 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー