ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

百戦百勝 働き一両・考え五両

 

おはようございます。

 

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ

転職コンサルタント歴13年の

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

「百戦百勝 働き一両・考え五両」

城山 三郎 角川文庫 を読みました。

 

医師キャリア百戦百勝

 

えっとですね、

最近小説読んでないなと思いまして…、

確かにしばらく読んでなかったんですね。

 

どうしても医療系の本が

多くなっている私の読書。

 

ちょっと気分転換をしたかったんです。

 

そこで随分前に買っておいて

まだ読んでなかったこの本を手にしました。

 

著者は私の大好きな城山三郎さんですから、

まあ外す事もないだろう…と。

 

はい、案の定です。

超!面白かったですよ~。

この本、超!おススメです。

 

お奨め度は ★★★★★ と満点です。

 

時は昭和初期。

主人公である春山豆二。

ちょっとふざけた名前ですが、

山種証券の創業者である

山崎種二さんをモデルにしています。

 

wikipedia 「山崎種二」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E7%A8%AE%E4%BA%8C

 

米相場や株式市場で勝ちまくり、

相場の神様とまで呼ばれた方ですね。

 

この方の一生を

城山三郎さん流に描いている訳ですが、

とにかく登場人物が個性的で、魅力的。

 

また伊東ハンニ氏や石井定七氏など、

有名な相場師も登場しますし、

関東大震災二・二六事件など

歴史上の出来事も盛り込まれており、

歴史小説としても読み応えたっぷり。

 

別に相場好きでなくても、

昭和史に興味がない方でも、

経済や金融に詳しくなくても、

全く予備知識がなくても

充分に楽しめる作品です。

 

主人公のモットーが

サブタイトルになっている

「働き一両・考え五両」です。

 

ただ働いているだけでは

一両しか稼げませんよ、

頭を働かせて五両稼ぎましょうよという事です。

 

これなど、サラリーマン諸氏にも

なるほどと頷くところがあるのではないでしょうか。

 

貧農の倅から身を起こした主人公が、

相場を通して、

昭和初期という激動の時代を生き抜く…。

 

そこには仕事人として学ぶ事あり。

 

相場という思うようにならないものを

相手にどう戦うかの戦術論あり。

 

現代と同じように激動の時代に

どう家族を守り、

人生を成功させていくのか。

 

経済小説でありながら、

人生を学ぶ事ができる良書です。

 

そしてもうひとつ。

 

この本を読みながら、

何となく懐かしさとか、

ほのぼのした感じ、

古き良き時代を感じさせる

ノスタルジーというか、

すごく心が暖まるんですね。

 

これこそ城山文学の真骨頂と言えるのでしょうが、

人間味が溢れていて、

ふんわりとした気分にさせてくれます。

 

そういう意味でも、読む価値ありです。

 

随分と古い本ではありますが、

経済とか金融とか、

疎いんだけどちょっと勉強してみたいなんて方には

入門書としてもおススメできます。

 

え~、長々と書きましたが、

私は物凄く楽しめました。

そして勉強になりました。

 

そのHOTな思いを皆様にもお伝えしました。

いや~、読書っていいなって

再認識致しました。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報サイト<IBIKEN> 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー