ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

遠藤保仁がいればチームの勝ち点は117%になる データが見せるサッカーの新しい魅力

 

おはようございます。

 

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ

転職・開業コンサルタント

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

遠藤保仁がいればチームの勝ち点は117%になる

 データが見せるサッカーの新しい魅力」

西内 啓 ソフトバンク新書 を読みました。

 

医師魅力的なキャリア

 

最近、スポーツ物の本を読んでないなあと思い

手に取ったのが本書です。

 

著者の西内啓氏は

何と東京大学医学部の卒業。

 

サッカーと医療が融合?

こりゃ読むしかないでしょう!と考えて

読み始めたのですが、

これが非常に難しい…(苦笑)。

 

昨今、野球ではセイバーメトリクス

呼ばれる統計学的な手法が広まり、

メジャーリーグ

オークランドアスレチックスを始めとして

日本の球団でも取り入れられておりますが、

それに似た手法をサッカーにも当てはめる事で

さらにサッカーを

楽しめるのではないかという内容です。

 

遠藤保仁…という好きな選手が

タイトルになっていたので

つい読み始めたものの、

結構キツかったです…。

 

根っからの文系人間である私にとっては

数学の世界は大の苦手でありまして、

統計学も面白そうだ…と手を出したのが

失敗でした。

 

本書の内容自体は

各選手のプレーをデータ化して

意外な選手を意外な観点で評価していたりして

非常に興味深いのですが、

その結論に至るまでが私には非常に難しくて…。

 

普段はサッカー本は

頭を休める為に読む事が多い

私にとってはバーが高過ぎました。

 

きっと理系頭を持っているサッカー好きには

とても面白い本なのでしょう。

 

最後に目次をご紹介します。

 

第1章 データから読み解く一流プレーヤーの技術

 

第2章 データを使って隠れた才能を探し出す

 

第3章 データで振り分けられるプレーヤーの役割

 

第4章 データが教える得点に繋がるプレー

 

第5章 データが示す勝敗を左右するプレー

 

第6章 データが明らかにするサッカーの気になる疑問

 

以上です。

 

ひと言で申し上げますと、

サッカーを科学するとでも言うのでしょうか。

 

サッカーに自由とか、

一瞬のヒラメキとか、

意外性とか、スペクタクルとか、

そういうものを求める方、

そこに面白さを感じる方は

私と同じように不向きかもしれませんが、

内容は面白いんです。

 

南米サッカーよりも

ヨーロッパサッカーが好きな方とか、

スペインサッカーよりも

ドイツサッカーが好きな方とか、

FWや攻撃的MFのプレーよりも

DFやGKのプレーが好きな方とか、

そういう方には向くのかもしれません。

 

おススメ度は ★★★☆☆ と

微妙な感じにしておきます。

 

仕事では

医師や看護師など理系の方と接する事が多く、

勝手ながら私との相性は非常に良いと思ってますが、

それは理系と文系で

バランスが取れるからなどと考えておりますが

あながち間違いではないと思ってます(笑)。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報提供IBIKENサイト 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー