ある読書好き医療コンサルタントの書評ブログ!

年間60~70冊ほど読んでます。原則毎週日曜日に更新しますが、稀にプラスαもあります。本好きの方集まれ!

勇者は語らず

 

おはようございます。

 

読書がライフワークになっている

医療業界のコンサルタント

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

私はこの10年くらい

様々なツールを使って情報発信をしています。

 

当ブログは「書評」に限定しており、

他のサイトから引っ越しをしたのですが

残念ながら100件くらいの記事を誤って消してしまい

ちょっと悔しく思っています。

 

逆にコーポレートブログでは

医師のキャリアについて2000件以上のブログがあるのですが、

こちらは1000件近く意図的に消しました。

ジーネットブログ

 

この書評ブログ以外は

ほぼ医師のキャリアについて情報発信をしているのですが、

facebook個人facebookページtwitter

インスタグラムlinkdinyoutube など

いろいろやってますので

ご関心あるものがあれば是非1度ご覧になってみて下さい。 

 

話しを戻しまして、

今回ご紹介する書籍は、

【 勇者は語らず 】 です。

 

f:id:ka162701:20210306010850j:plain 

 

本書をピックアップした理由

『 勇者は語らず 』

城山 三郎 新潮文庫 を読みました。

 

城山三郎さんの書くものは

とても好きです。

 

今までも何冊も読んできましたが、

根底に流れる人や組織に対する

城山さんのスタンスが非常に心地よいのです。

 

過去、下記のような書評を書いてきました。

自分が気に入った代表的なものだけご紹介します。

 

ka162701.hatenablog.com

 

ka162701.hatenablog.com

 

ka162701.hatenablog.com

 

ka162701.hatenablog.com

 

ka162701.hatenablog.com

 

他にもエッセイも何冊か読み

実に感銘を受けたりしていますが、

今のところの私のお勧めするベスト3は…

 

なんと、なんと…

非常に悔しいのですが

ベスト3は冒頭申し上げた

消えたブログにあったんです(泣)

 

メチャクチャ悔しいのですが、

ここではAmazonのリンク先でご紹介いたします。

 

第3位

祖にして野だが卑ではない

 

第2位

男子の本懐

 

第1位

落日燃ゆ

 

3位は石田禮助、2位は浜口雄幸、1位は広田弘毅です。

いずれも城山文学の名作中の名作ですので

ご関心が持てそうな方は

是非お手に取ってみて下さい。

 

さて、前置きが長くなりましたが、

「勇者は語らず」です。

 

1983年にはドラマ化された作品のようで

かなり期待を持って読み始めたのでした。 

 

目次

特にないようです。 

 

感想

戦中、生死をともにした

大手自動車メーカーの常務である冬木毅と

下請けの部品会社の社長である山岡悠吉

 

真偽は不明のようですが

日産自動車がモデルではないかと言われているようです。

 

が、ですが、

う~ん、本作品は正直今ひとつでした。

 

城山作品の最大の特徴は

主人公の人物像を大切にして

グググっと迫っていくところなのですが、

どうでしょうね~、

もしかしたら城山さんは執筆当時

もうひとつ気が乗っていなかったのかもしれないですね。

 

城山さんらしくないと感じました。

 

一流の作家ですから

ストーリーとしては面白いですし、

盛り上がりそうなところまで来るんだけど

頂点に達する前に萎んでしまう。

 

そんな感じがしてしょうがなかったです。

 

最後は日米自動車摩擦に話しを持っていくのですが

これも今ひとつ深掘りがされておらず、

冬木、山岡という登場人物の動きだけで

終わってしまっていて少し拍子抜けしてしまいました。

 

厳しい言い方をしますと

今まで読んできた城山作品のなかでは

最も残念な1冊かもしれません。

 

城山文学からは

心に迫ってくる迫力があり、

思わず目頭が熱くなる情けがあり、

情熱的な内容が多くて

それが私は好きなのですが

本作品からはあまり感じられず。

 

う~ん、初めて城山作品で外したかも…という感じでした。

 

まあいいでしょう。

城山さんだって神様じゃないんだから

100%当たるとは限りません。

 

私の書棚には

購入してまだ読んでいない著書が

何冊もありますので次回に期待するとします。

 

評価

おススメ度は ★★★☆☆ といたします。

 

今まで読んできた城山作品のなかでは

最低評価かもしれません。

 

ですが、別に城山文学への信頼が薄れた訳ではなく

きっとこれからも読み続けていくでしょう。

それくらいに過去の作品は良かったですから。

 

まあ今回は外した感があって、

あんまり書評として書くことがないなあと思ったので

冒頭に過去の書評を紹介し

何とか文字数を稼いだのでした(笑)。

 

また数か月後に他の作品を読んで

書評を書くと思います。

そちらをお楽しみに。

 

それでは、また…。 

 

 

*ジーネットTV 毎週新着動画をアップしています!

医師キャリア相談

*ZOOMキャリア相談を無料で行っています。

 

ジーネットが発信する情報提供サイトはこちらです!>
ジーネット株式会社 公式ホームページ
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>ドクター向け情報提供サイト
ジーネット株式会社 <社長のtwitter>
ジーネット株式会社 <社長のfacebookページ>

よろしければ下記もポチっとお願いします!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー